--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/04.Tue

食育ひとくちメモ☆8月『暑さに負けない食事』

真夏は熱中症や日射病にかかりやすく、寝苦しさから
睡眠が不足して食欲も減退。そればかりでなく、暑さに負け、
ついつい冷たい飲み物が欲しくなってしまったり・・・

こうなったら、夏バテへ向かって一直線!!そうならないために、
次のポイントに気をつけ、夏を元気に過ごしていきましょう。

▼最下部に、夏バテ予防レシピリンク集もあります☆


1)まずは問題!!
Q.
暑くて食欲がない・・・とにかく何でもイイから食べないとイケナイ
から、口当たりのよいそうめんを食べよう~。明日も、あさっても、
その次も・・・・とにかく食べなきゃ! これは○×?

A.
こたえは4)「ビタミンB1」のところで♪


2)夏バテの兆候

・暑さや冷たい飲み物の飲みすぎで食欲がなくなり、
 食事がきちんとできない。

・いつもは元気に走り回っているのに、
 「この頃静か!」「なんとなくボーっとしている」


3)夏バテはどうして起こるの?

「暑さによる食欲減退」「水分の摂り過ぎ」によって、胃液が
薄まります。そうすると消化や吸収が悪くなり、栄養素が
不足してしまう・・・その結果「夏バテ」が起こります。


4)夏バテによって不足する主な栄養素

■「ビタミンB1」
・炭水化物を分解してエネルギーを作ったり、集中力を保つ。 
・カラダに溜まった老廃物を体外へ排出する。 ・・・などの働きがアリ。
ですから、夏バテを予防には非常に有効な栄養素!!

不足すると、疲労物質が蓄積され、「食欲減退」「倦怠感」を招くことに。

※質問の答え → ×
そうなんです、ビタミンB1には、上に書いたように、炭水化物を
分解する働きがありますから、そうめんやうどんばかり食べていた
のでは、ビタミンB1をどんどん消費してしまうことに。
いくら食べやすくても、こればっかり!!ではキケンですね。

■「カリウム」
筋肉や心筋の働きを正常に保つ働きがあります。
ということは、不足=筋肉の動きが悪化!!
大量の汗をかく夏場には、汗と一緒にカリウムが失われ、それが
夏バテへとつながっていくのです。


5)夏バテに有効なこれらは、どんなモノに多く含まれる?

■「ビタミンB1」
豚肉、うなぎ、ハム、レバー類、大豆、大豆製品、ごま、
落花生、そば、玄米

■「カリウム」
昆布、わかめ、ひじき、のり、切干大根、里芋、さつまいも、山芋、
じゃがいも、大豆、大豆製品、バナナ、メロン、ほうれん草、
かつお、さわら、めかじき
※カリウムを多く摂取するためには 「 生>加熱 」
水にさらすと栄養素が失われてしまいますので、生で食べることが
できる食材であればぜひ「生」で摂取してください。


6)夏バテ予防レシピ リンク集

■ 【味の素KK】レシピ大百科(夏バテ対策レシピ特集)≫

■ ヤマサおいしく健康レシピ(夏バテ予防のスタミナメニュー)≫

■ 【キッコーマン】ホームクッキング(そうめんで夏バテ予防)≫

■ 「バイオウェザー」ウェブサイト(夏バテ予防レシピ)≫


    → 来月(9月)は 「夏の疲れをとる食事について」 です。


食育ひとくちメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。