--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/10/23.Wed

[ワークの時間]とけい

今日のテーマは、「とけい」。

ここ数日、意識的に
時計にまつわる絵本をたくさん読んでいました。



で、今日はiPad登場~。順番にね。




やっているオトモダチだけじゃなく、
見ているオトモダチのこの表情も真剣そのもので楽しいっ♪




小学校では、たしか1年生の2学期あたりの算数で
時計のよみ方を習ったと記憶しています。

今、A組さんのこの段階で大事なのは
時計をよめるようになることではありません。

大事なのは、時計を意識して生活できること。
「 自分たちの生活は時間で動いているんだ 」 ということを
まず知ってもらうことが大切ですね。


ご家族でお出かけしたとき、そのお出かけ先で
「 あっ、あそこに時計があるね 」 と、
まず時計の存在に気づかせ、意識できるようにしてあげてください。

その後、針の長さ、まわる方向、進み具合、並び順。。。
そんなこんなに少しずつ親しんでいけたら、それで十分。


あとは、ご家庭にアナログ時計を置くことをオススメします。
日常的に、夕ご飯の時間・寝る時間などなどを
時計の針の形で覚えていくと時間を意識しながら生活でき、
お子さん自身の自主的な行動にもつながっていくかもしれませんね。



ワーク(5歳児秋~)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。