--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/09/27.Thu

間引きとおみそ汁

タネまきから13日が経ちました。



おっ、いい感じだね~。




虫喰いっぷりもイイ感じ(笑) きっと美味しい葉っぱなんだろうな。


さあ~、よーく見て、丁寧に丁寧に間引きをしよう!




よーし、聞いてみよう♪
「 ねぇねぇ、間引いた葉っぱ、どんなニオイがする? 」

くんくん、
「 葉っぱのニオイ~~~ 」 (たしかに。)
「 草のニオイ~~~ 」 (たしかにたしかに。)

「 あれ?えんちょーせんせー大変!!ラディッシュのニオイがするっ!! 」

(((o(*゚▽゚*)o))) おっ、Hさん、イイトコに目をつけたねっ。
同じアブラナ科ダイコン属さ。
なんか、ラディッシュの収穫から繋がってる気がして嬉しいです!!




間引いた葉っぱは、これからお味噌汁に(^^♪
そう。毎年作るんです、お味噌汁。( こちらで> )






各テーブルごとに写真を撮っていたら、
背後から、ボソリと渋い声で、、、、、 「 うん、ウマいっ! 」

だ、だ、だれですか?



あ~、あなたでしたか(^^ゞ


「お味はどう?」だと、フツーに「美味しい」の答えを誘導するだけなので、
「どんな音がする?」 「どんな味がする?」 などなどと聞いてみました。

■ しゃりしゃり  ■ ぼりぼり  ■ じゃりじゃり
■ だいこんと同じニオイがする ■ ラディッシュ食べてるみたい

・・・・・・うん、とてもイイトコついてるね。



おかわり、たっぷりありますよ~、いっぱいいっぱい召し上がれ~!






次は、だいこんを収穫したときに、
今度は、実もいっぱい入ったお味噌汁を食べたいと思っています。




≪間引きの意味≫

「 なんで間引きなんてしなくちゃいけないのー? 」 と、 
子どもたちから毎年質問されます。

当然です、せっかく出たかわいらしくて愛おしい芽を間引いちゃうなんて!!
かわいそうじゃないの!!ムリムリ~!!、、、、って、
わたしも最初は思いましたもの。

でも、間引きって、必要不可欠なんですよね。
ひとりぼっちで育つタネより、
他のタネと競争し合いながら育ったタネの方が、丈夫で生育も良いんだとか。
間引きがイヤで少量しか蒔かないと、結局全部だめになったりもするのだそう。

そこを、子どもたちに話します。


自然淘汰ってやつかな、、、、。 
毎回なんとも心が痛みますが、だからこそ責任も重大!!

間引かれた葉っぱにだって、大切な大切な命が。
だから、間引いたものも、しっかり「いただく」、
そこまでできて初めて、教育として全部がつながる気がしています。

幼児期の体験は何よりも大切。
”出来事” としては忘れてしまうかもしれないけれど、
これから成長していく上で(オトナになる上で)最も大切な土台を作る部分、
そこに大きな影響をもたらしますからね。

小さなことの積み重ねではありますが、
その積み重ねが、生涯を通した大切な大切な宝物になってくれたらいいな。
そんなふうに思っています。



畑とたんぽぽキッズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。