--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2004/12/20.Mon

ココで何してあそぶ~?♪

昨日の日曜日。
ゆうT&湘南ガラス社員二人がかりで、歩腹スペースがリニューアル。


041220-6.jpg

今までは、友人たちからもらったお下がりのベビーベッドの枠などを
うま~く組み合わせてスペース確保をしていました。

もちろんそれでも良いのですが、
ベビーベッドの枠はそれ専門の仕様に作られているものではないので、
子どもたちのハードなイタズラを考慮すると、耐久面では不安が残り、、、。

そのため、予定を早めてのリニューアルだったわけです。

≪歩腹スペース造作「前々日」≫
まず、寸法を測って必要材料の割り出し。
≪前日≫ 
トラックをのりつけ、ホームセンターで大量の木材を購入。
そして、ガラス屋工場で切断・ヤスリがけ。
≪当日≫
午前中いっぱいで終わるはずが、ゆうT、長時間中腰作業により
持病の腰痛悪化!!! そして結局1日仕事に! 

完成した歩腹スペースを見て、保育士たちは感激!
すご~い!まるでスキー場のロッジの一部分みたい。
木の優しい雰囲気と匂い。しかも広々~。
いや~ん、子どもたちズルーイ!私たちがここで遊びた~い!
「ここで何して遊ぶ?」「お茶でも飲んでゴロンとしたいよね。」 
もちろん子どもたちも大喜び。
逆に歩腹の対象でない大きな子どもたちは「いいな~」とうらやましそう~。

041220-7.jpg
041220-8.jpg

この歩腹。
子どもたちの安全を第一に考えて、
全てのパーツの角をきちんとカンナがけして面取りしてあります。
そして、少し見えづらいですが、
ビスを打ったところには、すべてその上からシリコン剤を塗布し、
ゼッタイにビス部分でケガをしたりすることがないようになっています。

全て手作業。そして、ゆうTの判断で行なわれた作業。
こういうところに、"保育に携わるもの"というより、"一児の父"の愛情が見え隠れ。
カンナがけに関しては、相当な量なので、本当に大変だっただろうな~。
でもこれで安心して子どもたちをここで遊ばせることができます。


041220-3.jpg

ま、ひとコト言わせていただくなら。。。値札くらいはとろうよ!(見えます?)
几帳面なのに、こういうところ、なぜかちょいとズボラの巻き。




みんなのこと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。