--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/08.Thu

きつつき

学校プレイワールドのことは、
以前、ゆきこブログで書かせていただきまして(こちら>
そこから、いどうクンが人気になったり、4年1組とつながったりと。

で、子どもたちは、わたしの持ち帰ったものの中で
まだまだ気になるものがありまして、そのひとつ、「 きつつき 」。


ワークの時間。 もうワークがひと通り終わったため、
今モノづくり活動を楽しんでいる最中。 うん、今だね、このタイミング。




作ってみよう~、できる~?
「 ぜったいできる!!!!!!!! 」 自信たっぷり。




ハサミでカット。もう厚い紙も自由自在に切れます。




色は、マーカーで思い思いに。




画用紙の真ん中に、ストローが両面テープで貼り付けてあります。
これをきつつき本体に挟み込んでペタリ。
ゴムは、ストローに通る太さのもので。


***完成~~~~~~~***



ゴムがすぐに抜けちゃうので、端をひとくくりしてみました。
これなら手元がくるっても滑っても抜け落ちません。



顔の表情もいろいろで、とてもかわいいんですよ~。






ゴムをひっぱると、きつつきが上からコツンコツンやりながら
愛嬌たっぷりに降りてきます。

思いっきりひっぱるとコツコツした動きが小刻み、
ゆる~くひっぱると大胆なコッツンコッツンになることを、
遊びながら自分たちで発見したみたいです。



きつつきって、手遊びや絵本でも馴染みがありますから
名前はよく知っているけれど、
「 どこに住んでるのー? 」 「 何食べてるのー? 」 などなど、
いろんな不思議が湧いてきたみたいで、
これに取りかかる前、みんなで鳥の図鑑をじっくり見たり調べたり。

「 へぇ~、森に住んでるんだ。だから秋葉台公園にいないんだね 」
「 頭が赤いのは男の子だけみたい 」 「 黄色もあるって 」
「 コツコツつついてクチバシで食べるんじゃなくて、ベロで食べるんだよ 」
「 スズメよりもおっきいんだねー 」 

またひとつ、知っていることが増えたね。
一つひとつが驚きで、毎日新鮮だね^^



先生おうちでも作りたい~!・・・・・・って、子どもたち。
これ、おうちにある、何かに入っていた厚紙や、
何かについていたストロー、替え用のゴムなんかで作れると思います。
ぜひ、ご家庭の中で使えそうなものを探して、
きつつきファミリー、増やしてあげてください。


わくわく組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。