--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/08/20.Sun

おみせやさんごっこ☆2006



3・4・5歳児「わくわく組」。 
通常の設定保育の中で「おみせやんごっこ」 を取り入れ、
子どもたちと共に楽しんでみました。



■≪おみせやさんごっこ≫ってなあに?

スチロールトレイ・トイレットペーパーの芯・ヨーグルトカップ・
ボタンなどなど・・・ 素材はなんでもOK!
廃材を利用しておみせやさんの品々を作ります。 
お店の種類、商品も子どもたちにおまかせ! 

意外な素材から意外な商品ができあがる・・・そんな発見は本当に嬉しいもの。
もちろんそれだけではありません、「いらっしゃいませー」「これくださ~い」
なんていうコトバのやりとりも、本当に楽しいんだよねっ。

・様々な素材や廃材に親しむこと 
・相談したり工夫したりしながら取り組むこと 
・友だちと共通の目的をもって遊びをすすめていくこと 
・自分たちが作ったもので遊ぶ喜びを味わうこと

いろんなねらいを掲げ、子どもたち自身が主体となってあそぶ 
この「おみせやさんごっこ」は、創作意欲・想像力を高めるだけでなく、
友だちへの思い遣り、自己表現する喜び・自信・・・そんなメンタルな部分をも
大きく成長させてくれます。




■最初に取り組み始めたのは・・・

昨年度末である2~3月。
廃材を集めて保育室においてみることから始めました。






「先生できたぁー!」・・・ん?これはなんだろう?(笑)
最初はそんなことの連続。 でもね、それも大切な個性です!





■新年度になり、梅雨期を迎えました。

梅雨時はなかなか戸外で遊ぶことができず、
子どもたちの"あそびたい欲求"が満たされにくくなります。
そんなときこそ、子どもたちが夢中になれる遊びを提供したいもの。

新たな廃材を集め、
再び、子どもたちとおみせやさんごっこの品々を作り始めました。
ちょうどその頃の画像がなくてスミマセン・・・ 
でも、3月に同じあそびを経験した子どもたちの想像力はぐぐ~んと豊かに!
そしてバリエーションにも富んでいました。

ある程度の商品が揃ったところで、
まずは"わくわく組だけ"のおみせやさんごっこを行なうことに。 
売り手・買い手になって、みんなで売り買いを楽しみました。


■今度はぽかぽかさん・きらきらさんも誘ってみよう~

8月の保育参観が具体的になってきました。

『カレーづくり+夕涼み会』的な行事をイメージしたときに、
どうしても模擬店(焼きそばやさん、綿菓子やさん、玩具屋さんなど・・・)
は欠かせない存在。土曜日なので、保護者のかたにお手伝いの依頼をして、
そういったカタチでの模擬店を出す事もできなくはないけれど、

んー、せっかくだもの、手作りのおみせやさんをみんなで出してみようよ~、
そしてぽかぽか組さんと きらきら組さんに 買いに来てもらおうー!

そんなわけで、おみせやさんごっこ第二弾の始まりーっ!


■おみせやさんはおみせやさんでも・・・

いろんなおみせやさんがあるよね。
どんなおみせやさんを出店するか、それについても話し合ってみない?

子どもたちから出てきた案は  
  
・メガネやさん ・おすしやさん ・きんぎょすくいやさん  
・おもちゃやさん ・ラーメンやさん ・たこやきやさん   などなど・・・

スタンダードなところで、"食べ物系"が圧倒的に多し! 
出てきた案を系統別にまとめて、最終的には4つのお店を出店することに。  
さあ~作ってみよう~!




■いよいよ8月です!

そろそろおみせやさんの品々が揃い始めました。参観本番も近づいてきたよね。
抜かりがないように、更にみんなで話し合いを重ねます。



①誰がどこのお店の店員さんになる?

・・・だよね。それを決めたらもっと気合が入りそう~!
みんなで仲良く相談相談♪



②どうやって知らせる?

店員さんが決まったところで、またひとつ問題提起。
「どうやって ぽかきらさんに おみせやさん開店のお知らせをする?」

「お財布渡して"来てね"って言えばいいじゃん」 「突然宣伝に行けば?」
・・・どっちもアリだよね。
でもそれって突然すぎて、ぽかきらさんはびっくりしちゃうかも。

相談の結果、通路である階段に「おみせやさん開店予定」のポスターを貼ることに。
いっぱいいっぱい貼ってみよう。そうしたらきっと「これなんだろ?」って
気がついてくれるはず。それ、いい案~☆



階段通路に上から下までベタベタと! おっ、結構効果あったみたい。





■今日は宣伝に行きましょう~



お盆休み前日のこと。

第一段階の告知も済んだし、そろそろ行ってみる?ってことで
出来上がりつつある品物を手に、ぽかきらさんへ
おみせやさんの宣伝に行きました。

いきなり保育室に突入されたぽかきらさんは「???」(笑)
びっくりしちゃって 口ひらきっぱなし~~~^^


こちらは≪たべものやさん≫です。



お気に入りメニューを手に
「みんな美味しいですよ~買いに来てくださいね~」
コーフン?それとも緊張?声がちょっと上ずってるよん。


おもちゃやさん≫だって~。



へぇ~、面白メガネ売ってるんだって。
どれどれ? うん、たしかにズレてておもしろそー!でも視界悪そっ(笑)



アクセサリーやさん≫もあるよ。



そうよそうよ、オトコだっておしゃれする時代。
オトコ代表でNくんがここのショップの店員さんをしています。
ほら、カッコイイ系ブレスレットもあるよん。



で、こちらは≪きんぎょすくいやさん



どんな金魚が入ってるの?見せてみせてっ。
おっ、かわいい金魚がいっぱいじゃなーい!
早くすくいたくなっちゃったな。




余談ですが ☆ちょっとちょっとの苦労ばなし



様子をみていて、いちばん難しそうだったのは、
個人的な感覚で言うと "たべものやさん" でした。
いろんな案が出てはくるのですが、気づいたら 
大量の"おにぎり"と 大量の"たこやき"だらけ。
パックに何個ものおにぎりだけが詰めこんであったり、
見ただけでお腹いっぱいってくらいのたこ焼き三昧セットだったり。

あと、"どう見たってチョコがけコーンスナック"風な
マルマルコゲコゲソーセージが添えられていたり・・・・・

あそびの主人公は子どもたちですから、これでイイんです。
そう、そのために、オトナの出番たるものがあるんです!!
子どもたちの作ってくれたものに、最後のひと手間をかける作業!

目の前で「これにこうするとこんなふうになるよ~」とか、
「これは、こうやってやったら、もっと美味しそう~」とか・・・

「うっわ~ホントだ~」「お腹すいてきちゃった~」 
そして 「ワタシも作ってみるーっ!」 こうなったら作戦成功☆

   

☆ハンバーガーショップ☆。(えんちょーゆきこ自慢の一品☆)



中には廃材が詰まっていて、
色紙もちまちまとっておいた切れ端等を利用してます。 
これを見本にしながら、このあといくつも作ってくれました。


こちらのテーマは ☆コドモ好みのおべんとう♪☆



炭水化物が多いのが気になりますが、
子どもってこんなお弁当が好きよね♪(葉モノだけ残されそーな予感^^;)

おにぎりは子どもたちの力作。結構食べ応えがありそうな大きさです。サンドウィッチはスチ
ロールトレイ製。チョコがけコーンスナック風なソーセージは切り込みをいれて足をくるんとし
子どもたちの大好きなタコウィンナーに変身~☆ 右はイチゴ入りよ。


こちらは渋く ☆幕の内弁当☆ でございますっ



さっきのおにぎりもこれらのおかずも、中には新聞紙や広告が入ってます。
チキンにはアルミ箔を巻いて雰囲気を出したいところでしたが、
あいにくなかったので、これも廃材の包装紙とリボンでそれっぽく! 
エビフライにはなぜか目入り(Yちゃん作)
エビフライさん、食べるとき決してジロっと見ないでね(笑)


えんちょーゆきこの大好物 ☆お寿司屋さん☆



ちょっと画像がないのですが、
最初、お寿司のネタにはびっくりするような色合いのモノがのっていました。
青い紙~とかシャリに見合わぬ大きさのオレンジの紙とか~・・・ 
オレンジの紙はもう少し大きければサーモン風だけど、
小さくて歪だと"醤油に漬けすぎたかずのこ"に見えなくもなく・・・(笑)

たしかに、青魚系のネタもあるし、かずのこもありだけど、
んー、せっかくだからもっと美味しく変身させてみようよ? ・・・

子どもたちと相談しながらお寿司にも愛情を加えちゃうことに。
まだネタがのっていないものもあるから、
あとは開店間際に新鮮なネタをのせといてねー!


 
【わたしの思うおみせやさんごっこの良さ】 

"おみせやさんごっこ"というと、ついつい 
「『いらっしゃいませ~』『これくださ~い』ってやるんだよね」 
「廃材使っていろいろ作るんだから想像力が豊かじゃなくっちゃね~」 
な~んて方に気をとられがちです。

もちろんそれも大きなポイントになりますが、個人的には
"人との関わり" "協調性" も大きなポイントなのではないかと思っています。

例えば "作ること"ひとつとってみても、
自分を表現すること・創造力が必要になってきます。
どちらも持てる力を十分に発揮していかなければいけません。

そのためには、自分本位では相手に伝わらないことだってある、
「わたしが!」「ボクが!」そればかり主張していたら 
いつまで経っても上手くいかない・・・ 

どうやったら伝わるんだろう?
どうやったらもっともっと楽しくなるんだろう?・・・ 
そう考えながらあそびを進めていくうちに、お友だちとの関わり方・協調性が
自然と養われる、それがこの"おみせやさんごっこ"の素晴らしさではないでしょうか。




■いよいよ明日開店

わくわくのお兄さん・お姉さんからお小遣い支給(笑)



わくわくさんがぽかきらさんへお財布&お小遣いのプレゼント。

明日はこれを忘れちゃイヤよっ!
ちなみに・・・ 
・100円で"たべもの"  ・70円でおもちゃ  
・50円でアクセサリー ・10円できんぎょすくい
なんだって。どうです?お高いですか?お安いですか?




■さあ開店当日。只今準備中!今しばらくお待ちください。





いよいよ本番の日がやってきました。
中が見えない方がワクワク度が増すよねー? なので、開店するその瞬間
まで、入り口には新聞紙やらポスターがベタベタと。どうにもこうにも中の様子
が見えないの~。

よい子のぽかきらさん。開店まで今しばらくお待ちくださいね^^




■祝☆わくわくおみせやさんの開店です!!

omise-06-67.jpg

ながらくお待たせ致しました。
わくわくおみせやさん、只今開店ですっ!


≪わくわくおみせやさんで売っている品々をちょっぴりご紹介≫

●おもちゃやさん



おもしろメガネ  
セロハンテープの芯+モール製。
芯部分に模様入り。お好みで
お好きなデザインをどーぞ!


ロケット
ヨーグルトカップ+輪ゴム製。
2つ重ねて手を離すと、
上のロケットがピョ~ンと
とんでいくんだよ。


おもしろうちわ


ティッシュの空箱使用。なぜか全てかえるモチーフ^^
想像以上に丈夫で機能性抜群!



●アクセサリーやさん



↑看板文字は綿でふんわり・・・でも西日が強くてイメージどおりにいかず…。



ネックレス


マカロニ・ビーズ・包装紙、ボタン、意外なところで、
木製のれんの木玉も使ってます。

ブレスレット


ティアラ


ブレスレットって勝手に言ってるけど、「うでわ」って書いてありますね、
確かにそうです(笑) ネックレスと同じ素材で出来ているものもあれば、
アイスクリームカップのふたの両端につなげた輪ゴムをつけて完成~の品も。
ティアラはネックレス短めバージョン。のせただけだと落ちてくるのが難点(笑)


●きんぎょすくいやさん




☆合言葉は「すくってすくってすくっちゃって~^^」←可愛く言ってねっ♪☆
 
使用している素材は、トイレットペーパーの芯に折り紙。
お祭りではモナカみたいなカップですくいますが、
こちらはアイスクリームカップの蓋ですから破ける心配はなし。 
ただし、どの金魚もイキが良いので、つるんとすべって逃げちゃうのよん。



●たべものやさん




たべものやさんの看板は、
スーパーマーケットの半透明お買い物袋使用。おにぎり風デザインです。
   

≪ハンバーガーショップ≫



「こんなのも作ってみたら?」と提案したものに
子どもが喜んで便乗してくれたりすると、なんだかとっても嬉しいものです。
Mだといかにも"○ック"だから、
Mを逆さにした"W" とたんぽぽの"T" もございます^^



≪お寿司・お弁当・ラーメン・うどん・たこやき≫ 



ここで初めてお目見えする "たこ焼き"。タマゴのパックを利用しています。
新聞紙をギューっと丸めるのが主な作業なので、
子どもたちには非常に作りやすい品物なのです。

最初はタマゴパック1パックで1つのたこ焼きが出来上がっていました。
見ただけでお腹いっぱいになっちゃうので、全て6個セットに!!!
どうです?適度な個数じゃないかしら?
一応 青のり・紅生姜・ソースなんかもついてます。


●わたしのお買い物成果(笑)



わたしも自分の娘からお財布とお小遣いをプレゼントされました。

そう、お買い物できるのは、ぽかきらさんだけでなく、
わくわくさんの保護者のかたもなんだって! 嬉しいな~。



【左】面白メガネはムスメ作のものを買いました。
なぜかおもちゃやさんでは2個のお買い物。
「ちゃんとお金払って!」とAちゃんから突っ込まれたケド、
「ねぇ~オマケして~だいすきだからっ♪Aちゃん可愛い~」
とせがんでオマケしてもらっちゃったっ!
 
【中】お~っ、嬉しいね~!
イクラがだいすきなのでイクラをリクエストしてあったら
ちゃ~んとのってるのってる!(プチプチ素材でできてます)
ホントにお腹がすいてきたよぉ~!
  
【右】こっちもアクセサリーやさんに "オマケ"でつけてもらった ティアラ。
翌日から すっかりムスメのおしゃれごっこアイテムになってます。返してーーー!                   



 
<この活動を通しての感想>

当初「おみせやさんではこんな品々を売ってま~す」というページを作るつもりでした。
まさかこんなふうに「おみせやさんごっこ」というあそびの全容を紹介するページを
作ろうとは思っていなかったので(いつも思いつき^^;)如何にせん画像不足です。

制作風景や、「え???」と、ある意味びっくりするような"進化前"の品々も
画像におさめておけば、もっともっとイメージしやすく、
もっともっと楽しいページになったのにな~と思っています。

子どもたちは、この"おみせやさんごっこ"を通し、考えたり、悩んだり、
お友だちと相談することを学びました。
自分たちで作ったものであそぶ楽しさも味わいました。

そして何よりも大きかったのは、"達成感!"
「自分たちの力でおみせやさんを開き、楽しめたこと」、
「ぽかきらさんにとっても喜んでもらえたこと」、
「たくさんの品物を売り切ったこと!」・・・ 種類は様々だけれど、
子どもたちひとりの表情から、その達成感の大きさがひしひしと伝わってきます。

ひとり一人がこのあそびを通して得た"なにか"は 
これからの園生活・人との関わりにおいて、必ず大きな力になってくれるはず。
  
おみせやさんごっこもいろんなカタチがあって良いと思っています。
きっとまた来年には来年のカラーや個性が出てくるコトでしょう。 
どんなおみせやさんが開店するのか、今からとても楽しみです^^
  


わくわく組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。