--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/01/25.Tue

文字をうつす

1月第2週から始めた 読書の時間。 ( こちら> )


いいペースで本が読めています。

そこで、そろそろ 文字 というか、文章を書くコトも
プラスしながら進んでいきたい、と。


昨年のA組は、この時間を担任に任せていたので、
わたしの出来ることとして、別の時間を使い、
日記らしきもののやりとりをしていました。
その中で、文章を書くことを学んでもらおうと。


今年のA組は、この時間、わたしが貰っているので、
この時間の中で学びたい!


そして、その前段階として、

今年は、
1) 本を読む 
2) 内容がしっかり理解できたら、それをノートに書き写す
・・・・・という作業をしています。

句点や濁点などの書きマチガイ、写し忘れのないよう、
忠実に忠実に、緊張しながらしっかり写すこと。
これを繰り返し繰り返し。


まだそれを始めて1週間ぐらいですが、




( 画像大きくてスミマセン )

最初はマスの中にも書けないし、あっちこっちとびとびだし、
写し忘れだらけだし、スピードも本の1ページ分くらいがせいぜいだったのが、

今では、結構忠実に写せるようになってきました。

たぶん、これ、マスの4分の1で書いてますね。
1マス使って書いたら~?と思うのですが、
このほうがいっぱい書ける~と言うし、
この大きさだってへっちゃらで書けるんだぞ!ってのが誇りみたいなので、
そこはそのまま尊重しています。

もちろん、句点のイチとか、小さい「っ」はそれで1マスだとか、
そういうことを言い出したらキリがないのですが、

それは、追々やっていく課題です。


卒園するとき、彼らがどこまで成長できるか、楽しみでもありますし、
保育者であるわたしも、日々、自分自身も勉強&反省の繰り返し中。


わくわく組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。