--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/23.Tue

食育ひとくちメモ☆2月『手ばかりについて』

健康にはバランスのとれた食事が大切。
でも、何をどれだけ食べたら良いのか、漠然としていてわからない・・・・・。

そんなときに役立つのが 『 手ばかり 』 
自分に必要な量が、手のひらに乗せてみるだけでわかるんです。



例えば・・・・

赤グループ(肉・魚・卵・牛乳など)
片手にのる量(牛乳は1日1杯)

黄グループ(ごはん・パン・麺・いも・お菓子など)
ごはん → 両手にのる量
パン  → 片手にのる量
おかし(1日1回) → 片手にのる量

緑グループ(野菜・くだものなど)
野菜(加熱) → 両手に山盛り(~6歳) 片手に山盛り(7歳~)
野菜(ナマ) → 両手に2杯(~6歳) 片手に1杯(7歳~)
くだもの(1日1回) → 片手にのる量

※1日1回と記載のあるもの以外は、全て1回量です。


これは、山梨県甲州市の塩山地区が、独自に編み出した量り方。
『 塩山式 手ばかり 』 です。

この推進活動は、「食育コンクール2004」で
最優秀賞(農林水産大臣賞)も受賞しています。

■甲州市ウェブサイト http://www.city.koshu.yamanashi.jp/koshu/

その中の 「 手ばかり運動 」  で詳細が確認できます。 


実は、唐揚げなんかも、片手に載せて3個半くらいが適量。
足りないーと思われるかた、少なすぎるーと思われるかた、
たぶんいろいろなのでは!!

わたしの場合は、牛乳を飲みすぎです・・・

上記サイトでポスターのダウンロードもできますので、
ぜひ参考にしてみてください。



    → 来月(3月)は 
     「 乳幼児に必要なカロリーと栄養素の分量 」 です。

食育ひとくちメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。