--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/01.Tue

食育ひとくちメモ☆12月『おやつ(間食)について』

■おやつって?

「おやつ」というと、「お菓子」例えば
スナック菓子、飴、ガム、ハンバーガー、アイスクリームなどを
想像し、とてもよくないものだとイメージしがちですが、
乳幼児の「おやつ」の意味は違います。
乳幼児は、まだ胃が小さく、3度の食事だけでは栄養が不足して
しまいがち。その栄養を補う役割を果たしているのが「おやつ」です。


■量はどれくらい?

体格、食欲、運動量によってもだいぶ違ってきますが、
1日あたりの目安として必要なエネルギー量の10~20%、
およそ150~200キロカロリー
 が理想。

例)牛乳150ml=100kcal、バナナ1/2個=50kcal



■どんなものが良い?

「栄養がある」「満腹感が得られる(でんぷん質を含む」
「素材の味や甘みが感じられる」 というところにポイントをおいて
選んでみましょう。
また、食事ではとりにくい牛乳・乳製品や野菜・果物を積極的に
取り入れてみるのも良いですね。

≪◎オススメのおやつ≫
牛乳、果物、おにぎり、おもち、白玉、
蒸しケーキ、おやき、お煎餅、ヨーグルト
いも類(じゃがいも・さつまいもなど。焼く、蒸かす、干す、何でもOK)

≪△できれば避けたいおやつ≫
スナック菓子、菓子パン、チョコレート、アイスクリーム、
炭酸飲料水、清涼飲料水

※もちろん、ここに記載しているのは一部です。
※あきらかに砂糖が多く含まれているものは避けた方がよいでしょう。
※市販の菓子類を選ぶ場合は、品質保持期限・成分表示・脂肪・塩分・糖分・
 食品添加物などの表示をよく確認し、細心の注意を払いましょう。

☆ある程度の年齢になったら、一緒に作ってみるのも良いですよ!
 食に対する興味関心が深まり、とても楽しい思い出にもなるはず♪


■おやつ(間食)の与え方

ここでは、「注意すること」と絡めて書いてみます。

時間を決め、規則正しく食べましょう
  不規則、だらだら食べは、むら食いやわがままのもと。
  また、「肥満」「虫歯」につながります。

しっかりと量を決め、栄養バランスを考えながら与えましょう。
  最近のこどもは、おやつのとりすぎが問題になっています。
  「おやつ」「間食」というより、「大切な食事の1回」と考え、
  食事と同じように、量にも栄養にも注意していきましょう。

食事のマナーを守って食べましょう。
  食卓で座って食べる、手洗い、うがい、ハミガキなど
  「おやつ」だからと言って手を抜くことなく、小さい頃から
  しっかりとしたマナーを身につけていきましょう。 


    → 来月(1月)は 「正しい箸の持ち方」 です。


食育ひとくちメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。