--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/15.Thu

わくわく美術館~うんどうかい編~

今 保育室に飾ってある、「うんどうかい」の絵。

年齢順・月齢順にアップしてみました。

わくわくA組(5歳児)





わくわくB組(4歳児)




わくわくC組(3歳児)






よく 「 センセ~、ウチの子なに描いてるかわかんない 」 とか
「 真っ赤や真っ黒で顔塗ってあるけど大丈夫? 」 とかって
質問されますが、

なに描いてるか、わからなくないんですよー。
頭じゃなくって、心でみてあげてください。
伝えたいコト、ちゃ~んと伝わってきます。

絵を描くことが好きかそうでもないかの違いもありますね。
経験の多さも関係したりします。
5歳児女児くらいになると、メルヘンチックなので
楽しかったコトを描くとき、どんなシーンでも
ぜ~んぶスカート履いてたりしますから(笑)
( ↑おっ、上にも存在したっ!かわいいでしょー? )

また、色のコトは・・・
確かに子どもの絵にはその子ども自身の心理があらわれると
言われたりしますが、まだこの時期では顕著にはわからないと
わたしは思っています。

口を赤で塗ろうとしたら、大きくなりすぎて真っ赤になることもあれば、
髪の毛・目等々を塗っているうちに塗りたくってしまうこともある。

あまり心配しないで、楽しく描こうとした心と向き合ってあげるのが
いちばん良いのではないのかしら~?


今回の運動会は、勝ち負けにこだわりました。
勝った嬉しさ、負けた悔しさ、そこを子どもたちの心にぎゅぎゅっと
しみこませて欲しかったんです。

▼ だから、この絵をみたら、嬉しくなりました。

右のお友だち、右目から涙がぽろり~んって出てるわ。
そうそう、この悔しさが 明日の力になるのです!!


わくわく組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。