--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/04/30.Sun

園まわりの自然~秋~

保育園前の秋葉台公園には自然がいっぱい!
1年を通し四季の移り変わりを実感することができます。 

さあ~ちょっとだけ秋の様子を覗いてみましょう♪



※秋葉台公園 イラストマップは こちら≫



■こもれび広場
正面を入ってすぐの"こもれび広場"。

背高のっぽの木々が立ち並び、その下を歩くとまるでトンネルのよう。
春にはパワーみなぎる新緑色のトンネルだったけど、
秋はロマンティックな色合いに!



お天気さえよければ毎日公園へ。
美しく色づいた木の葉を拾いながら歩くので
なかなか前に進みません(笑)



ひらひらと舞い落ちた木の葉が風で端っこに集められ、
まるで川のよう。 「ヘビだよ~」 子どもの発想は豊か。

 トンネルから抜けると 
 きれいな秋の空。
 
 なんてきれいな空なんでしょう~?
 ため息がでちゃうくらい・・・。


 これは芝生のお山スポットから観た青空。
 たんぽぽキッズはここでボールを転がしたり
 はたまた自分で転がっちゃったり
 お尻で滑って降りてくるのがだ~いすき♪
 こんな美しい空の下で思いっきり遊べるなんて
 シアワセだよね♪



■イチョウ~秋編~

なぜ「秋編」なのか…。
それは「春」のカテゴリでもイチョウをご紹介しているからです。
ほら、みてみて!イキイキをした緑色だったイチョウの葉っぱは
こんなステキな黄色に変身~☆



(左)半年前の春 (右)現在

1枚1枚がオトナの親指の爪くらいの大きさだった葉っぱ。
わずか半年ですっかり成長。
この鮮やかな樹木は公園内でもひときわ目立つ存在です。 
ビタミンカラーはビタミンカラーでも、
たんぽぽやひまわり→元気いっぱい、イチョウ→しっとり・・・
だと思いませんか?



イチョウの木の下にはひらひら舞い落ちた葉っぱがたくさん!
もう少しすると、あたり一面黄色のイチョウのじゅうたんの出来上がり☆ 
たのしいね♪

 ←12月中旬には
  こ~んなになっちゃった!

  ほらっ、イチョウのじゅうたんに
  イチョウのお花よ☆






■モミジバフウ


ちょうど手のひらくらいの大きさで、手のカタチに似ているので
子どもたちが好んで拾う葉っぱです。

マンサク科フウ属・別名"アメリカフウ"。
日本には大正時代に渡来したんだって。
樹木そのものは大きく、末は20メートル以上になるみたい。
もう少し秋が深まると、もっともっと真っ赤に紅葉し、本当に美しいです。 
2月頃にはイガイガしたカタチの実がつき、春には花も咲きますね。 

街路樹や公園樹としてよく見かけるので、
お出掛けの際はぜひ意識してみつけてみてくださいネ。



■ススキ

 お馴染みのススキです。
 時には魔法使いのホウキに、
 時にはおまじないアイテムに、
 時にはこちょこちょ道具に・・・

 遊び用途はいっぱい!

採ったススキを束ねて輪にし、子どもたちと秋のリースにしたことも。
ドングリ・まつぼっくり・木の葉などをボンドでつけると、
とってもおしゃれな秋色リースの完成☆

ただね、難点がひとつ。 作ったときはイイんだけれど、
数日するとススキの穂の部分がひらいて、ふわふわふわふわ~♪ 
お部屋がふわふわでいっぱいになっちゃう~。

その"ふわふわ"部分。日に干してじっくり煎るとお茶ができるそうです。
香ばしく懐かしい匂いがするんだって~。解熱効果があるらしいけど、
その薬効はあんまり知られていませんね。




≪こんなところに…≫

ちょっと歩いたら、木の幹と公園内の外灯の柱にツルを発見☆

ツルはどんなところにも伝っていくものだけど、こんなところにまで
赤く色づいたツルがはっていて、なんだか可愛らしくってパチリ!



■サザンカ

 女の子たちに大人気!

 でもツバキと似てるよね?
 
 どこが違うの?

・ ツバキ→春、サザンカ→秋~初冬 に咲くよ。
・ ツバキの花は花ごとにひとかたまりになって落花するけど、
  サザンカは花びら1枚ずつバラバラに散るんだって。

・・・・・言われてみれば、春には落花したツバキを髪の毛に飾って遊ぶ
"なんちゃってお姫さまガールズ" がいるけれど、秋にはお見かけ
しないわ。落花の違いにヒミツがあったのね。

♪さざんか さざんか さいたみち 
     たきびだ たきびだ おちばたき~♪

・・・の歌も超がつくほど有名ですが、歌とは違って、
実は寒さには弱めな植物みたいです。



■たんぽぽ
おっ、たくさんのたんぽぽ発見☆


たんぽぽって春以外に咲いていると若干季節はずれなイメージ。
でもそれは日本人の固定概念。西洋たんぽぽは1年中咲くそうです。

可愛らしさ&たくましさは通年モードで健在♪
まるでたんぽぽキッズっ!!



たんぽぽ保育園編

■コスモス

秋の桜、コスモスです。
"秋"の"桜" と書いて "コスモス" と読むと知った日。
当時小学生だった私は、「なんてロマンティックなんだ!」
「日本語って美しい!」と感激し、コスモスに恋をしました(笑)

 ちょうど歩けるようになったムスメが、
 おばあちゃんと公園へ行って「おかあさんに!」 と
 初めて摘んできてくれた花もコスモス。
 コスモスを握り締めてベビーカーで熟睡しちゃったムスメの
 寝顔は、今でも忘れられません・・・。 
 皆さんには、そんな思い出の花ってありますか?



(左より)■マリーゴールド  ■小菊  ■パンジー


"マリーゴールド" って種類がいろいろで、
花びらの周りが違う色で縁取られているものなんかは
オーロラシリーズとかサファリクインとか言うらしいです。
よくハーブティーに入っていたりしますよね。

小菊は秋の代表的な花。中でも白はマーガレットによ~く似ています。 
この横を通ると女の子たちは摘みたい願望にかられるくらい
大好きな花のようです。

パンジー。いろんな種類が植わっています。
なぜこれを撮ったか・・・なんかこっち見ててモノ申したげだったから。
ほら、じーっと見つめてみて!なんか言ってるでしょ?


■トキワサンザシ

 お正月用生花として重宝される千両や万両に
 似ているからかな。道ゆくかたにご丁寧に
 枝ごとチョキンとカットされ、持ち去られる事件(?)
 が多発したことがあります。でも残念、これ、
 トキワサンザシと言います。ごめんなさい・・・


ぷっくりした赤い実がたんまりついていて、子どもたちは「美味しそう~」 
と言いますが、食べちゃダメよ(笑) 鳥さんは美味しい美味しいといって
つつくけどね。


■クリスマスローズ

 別に秋の草花ではないのですが、
 これ、1996年から頑張ってます。
 わたしが藤沢に来たばかりの頃、
 北向きの陽があたらぬ家に住んでいたので、
 寒さにも強く、日光をあまり必要としない草花を
 調べ、これを植えました。

和名は「雪起こし」っていうんだって。
その名のとおり、雪が降ろうがなんだろうが10年以上も季節季節に
花を咲かせて頑張ってくれてます。昼間は殆ど自宅にいないので
保育園の花壇で栽培中。春にはあわ~い色の花を咲かせ、
子どもたちを喜ばせてくれますよ。
              ※花は「春」のページにて!こちら≫




自然からもらった宝物であそんでみよう~

■ドングリ&まつぼっくり etc

 公園で拾ったドングリ、
 休日に拾ってきたクヌギなどなど… 
 自分で拾ってきたドングリは宝物。
 ごまとか、やじろべえ・でんでん太鼓などなど
 いろんな遊びかたができるよね。


わくわく組さんは、ドングリに安全ピンをつけて磁石の釣り竿で釣って、
お魚釣りゲームみたいにしてあそんでました。



【左】ドングリ・小枝・麻紐で作って「ドングリモビール」。
   素朴な色合いでしょ?

【右】ツルで作ったリースに、ドングリやまつぼっくりをつけてみました。
   まつぼっくりはスプレーでお化粧したよ。モールやリボンをつけると
   より一層華やかに!


■木の葉




木の葉も秋の制作には欠かせない必須アイテム。

拾ってきた木の葉をまず絵本に挟む 
     ↓
数日後に絵本を開く  
     ↓
おっ、押し葉みたいになってるね・・・  
     ↓
そしてその葉を使い、思い思いに何かに見たてて
描いたり貼ったりしてみました。
顔だったり、樹木そのまんまだったり(笑)個性溢れてます。

※いろいろ遊んでいるのだけれど、画像不足・・・
 ご紹介できなくてごめんなさい。



たんぽぽ保育園屋上からの風景

 1・2階の保育室からも 窓いっぱいに
 四季の移り変わりを観て感じることができます。
 観るだけでなく身近に触れることもできて、
 本当にシアワセ♪

 2007年春には ウッドデッキ も完成しました。


                           ※「春」versionは こちら≫


スポンサーサイト
園まわりの自然
2006/04/30.Sun

園まわりの自然~春~

保育園前の秋葉台公園には自然がいっぱい!!

子どもたちの目線にさがってみると、様々な春をみつけることが
できます。可憐で、そのくせ力強い! どれもこれもいとおしく、
わたしたちに不思議と元気をくれるものばかりです。

たんぽぽ保育園の周りにあふれる自然についてお伝えします。

※秋葉台公園 イラストマップは こちら≫



■こもれび広場

秋葉台公園 正面を入ってすぐの 「 こもれび広場 」



背高のっぽの木々が立ち並び、
その下を歩くとまるで緑のトンネルのよう。

この季節の新緑は本当に美しく、どんなときも心癒されます。

たんぽぽキッズは、毎日このトンネルをくぐって
トリム広場 へ!!



■サクラ

4月初旬ぐらいには桜がこれでもかというくらいに咲き誇ります。
土日はお弁当を持ったご家族連れでいっぱい!
その桜の木の下でたんぽぽ保育園の子どもたちは元気いっぱい遊びます。



たんぽぽキッズも、毎日お花見~~~♪
心をとっても優しい気持ちにしてくれるサクラ。
みんな大好きです!!



■コブシ

コブシ・・・なんて聞くとなんとなくしぶ~いイメージ(笑) 

でもとっても上品で、個人的には結構好みの花。
kobushiaka2.jpg

白は縁にむかってうっすら桜色。
赤はその逆で中央に向かってうっすら白~い感じ。

白・赤、皆さんはどちらがお好みですか?

わたしは・・・今日の気分は"白"です♪



■イチョウ

イチョウというと、ついつい
秋に黄色く色づいたものばかりに目がいってしまいがち。

しかし、4月のイチョウだってステキ☆ 
見てっ!親指の爪くらいの大きさの葉っぱが
幹いっぱいに芽吹いています。

ちっちゃくたってしっかりイチョウの葉の形。かわいいでしょ~?

この時期の成長は著しくって、まるでたんぽぽキッズのよう!
上の写真は4月初旬のもの。そして、下は5月初旬のもの。

方向が違ってしまったけれど、
同じ幹の同じアングルから撮ってみました。

葉っぱがひとまわりもふたまわりも大きくなったのがわかります?



■ツツジ

公園内のあちらこちらにあるツツジ。
同じ4月でも、初旬はまだツボミぷっくら♪
中旬から下旬になるとドキっとするくらいの色鮮やかな満開!



ちょうど子どもたちの背丈ぐらいなので、
ついつい手をのばしては摘みたくなっちゃう・・・

「 あっ、お花さん痛いって!そ~っとしといてあげようよっか。 」 

花だって大切な命。 その命を思い遣る言葉が
大きなお友だちから自然と聞こえてきて
何だか嬉しくなっちゃいます。



■ドウダンツツジ

 こちらもツツジ。
 ツツジはツツジでもドウダンツツジです。

 小さくてしろ~い花が
 枝いっぱいにぶら下がって咲いています。



一斉に咲き誇るその姿。
"なんだかちょっぴりカスミソウみたい~"なんて思ったりもして。

1つひとつをよ~く見ると "ちょっぴりスズランの花にも似てる~"
なんて感じたりもしませんか?

その美しい姿はわたしたちオトナだけでなく、
子どもたちの目や心をひくに充分な感じです。



■ユキヤナギ


まるでカスミソウみたい!可憐な花が垂れた枝にい~っぱい。
だから「雪柳」って言うのね。

霜がおりる初冬には、葉が紅色に紅葉。
花で楽しめ、葉っぱで楽しめるなんて 得した気分~♪



■ボケ

一口に 「ボケ」 って言われると、妙に感じ悪いですけどぉ(笑)



でも、実はバラ科。
しかも、学名は「ChaenomelesSpeciosa」

Chaenomeles(カエノメレス)はギリシャ語の
「chaino(開ける)+ melon(リンゴ)」 が語源で "裂けたリンゴ"ってコト。

そして「speciosa」は美しく華やかって意味。

見直していただけました?(笑)



■トサミズキ

 たぶんそういう名前だと思うんだけど~・・・
 実はちょっとアヤシイんです(笑)

 蝋梅(ロウバイ)にも似た色とカタチで、
 しかもイイ匂いがするのでずーっと蝋梅だと
 思ってました。

ですが、蝋梅にしては花がつき過ぎ。
たぶん土佐水木だと思われる・・・そんな感じの結論。

もし違ってたら教えてくださ~い。

ボケと一緒で、2月頃からなが~い期間咲いてます。
トリム広場のプール側に咲いていますよ~。



■たんぽぽ

 春に咲く花の定番中の定番。
 そして「たんぽぽ保育園」のたんぽぽ!
 切っても切れない仲なのです♪

 パっと目を引く元気な黄色。そして可愛らしい綿ぼうし。
 子どもたちからの愛され度はナンバーワンでしょう。


コンクリートの割れ目からもグンと芽をだし、元気に花を咲かせる
その強さ・生命力。 だいすきな花のひとつです。



■ツクシ

 あらあら、4月に入ったら
 もうツクシみつけられないかと思ってたら、

 もう4月も終わりだっていうのに
 結構みつけちゃいました~。



子どもたちから素朴な質問。「センセ~、ツクシって食べられる?」

「食べられるみたいよ~。」 

そうなんです、酢の物・油炒め・佃煮、いろいろ食し方はあるらしい・・・ 

しかし、わたしは食べたことありません。
どんな味がするんだろう???ちょっとばかり興味あるな~。



■フジ


4月下旬から5月初旬にかけて、トリム広場にある
白・紫のフジが見事なくらいに咲いていてとってもきれい!

フジの下にはテーブルとベンチもあるので、
そこで食べるランチも最高かもしれませんね。

と~っても甘~い香りがしていて、
視覚だけでなく臭覚でも楽しめちゃう。

しかし、その甘い香りに誘われてクマンバチがブ~ン!
あんまり攻撃的ではないけれど、ちょっとだけ注意です!



■てっせん・クレマチス


屋外プールとトリム広場の境目フェンスあたりに
咲いているのが この花。

この2つの違いは・・・

風車という花とてっせんを交配したものがクレマチスらしい・・・。 

派手ではないのに気品溢れる美しい色。なんだか心惹かれます。

そうそう、てっせんの花。
花びらのように見えているのは 
"花びら" じゃなくて "ガク" なんですって~。




わたしたちの名前知ってる~?編

■オオイヌノフグリ

  と~ってもよく見かける春の花。
  
  たぶんご存知ないかたはいらっしゃらないと
  思われますが、その反面、
  名前までご存知のかたは大変少ないのでは。



これ、オオイヌノフグリと言います。

ムズカシイ名前だけれど、知っていると得した気分になりませんか? 

だから子どもたちにも覚えて欲しくて、見つけるたび何度も連呼してます。

で、肝心な名前の由来は・・・

「 大きなイヌのフグリ 」 だからオオイヌノフグリ。
それで~ "フグリ" ってなんだ?
これを知ったときはショックでした(笑)

その理由はぜひご自身でお調べになってみてください。

ちなみに、子どもたちには私から教えてあげました。恥ずかしいー!
でも 「へぇ~すごいね~」 とは子どもたち。 

感心されるともっと恥ずかしいのよぉ~…。



■(左)ホトケノザ (右)カタバミ


■(左)ニワセキショウ (右)ヒメオドリコソウ


"ホトケノザ" はもう少しするとちっちゃな紫の花が咲きます。
これはその一歩手前の画像。 肉眼で見ると、
うっすら紫色した小さなツボミが確認できます。

"カタバミ" "ニワセキショウ" も、花そのものは本当にちっぽけ!
なのに、その姿からは想像もつかないくらい逞しい!
踏まれても踏まれても元気に咲いていますよ~!
その年に寄っても違いますが、あたり一面に咲き出すのは5月ぐらい。
ニワセキショウはもう少し白っぽいものもあります。

それから "ヒメオドリコソウ"。
そのまた昔は"ホトケノザ"と区別がつきませんでしたが、
最近よ~く眺めるようになってからは
「 ぜ~んぜん違う! 」 とはっきり認識できるように~。
ホトケノザと同じような色の花が咲くけれど、
こちらは全体的に五重塔みたいな容姿。
葉っぱの脇にホトケノザよりも薄い色合いの
小さなピンクっぽい花が咲きます。 
地味だけど覚えてあげてくださいね。



■ハルジオン

 これも昔からよ~く見かける花。
 別名"ビンボウグサ"。

 なんでビンボウグサっていうんだろう?
 とってもかわいいのに、ちっちゃい頃から
 別名でばっかり呼んだりしてごめんね…(笑) 

みなさん、これからは ぜひ"ハルジオン"(春紫苑)、
ちゃんと覚えて、そう呼んであげてください。

 ほらみてっ!
 園のお友だちと一緒に摘んできたハルジオン。
 保育園に戻ってきた後、ちっちゃな手づくりの花器に
 いけたらこ~んなにステキ♪

 ねぇ、ちょっぴり春らしいでしょ?




その昔オモチャにして遊んだね~編

■カラスノエンドウ

 幼稚園・小学校の頃、
 わたし、このカラスノエンドウのことを
 "シビビ~" と呼んでいました。
 わたしだけ? いや、少なくとも
 わたしと遊んでくれた友だちは皆
 そう呼んでいたと思う・・・。

サヤの中のちっちゃなマメを取り出して笛みたいに吹くと「シビビ~♪」
って鳴ったコトが、そう呼んでいたワケだと思うんです。

毎日毎日、友だちと 「シビビ~~~~♪」 と鳴らしながら
歩いていたあの頃が懐かしい・・・。


■ナズナ


よーく、"ペンペングサ" と呼ばれるあの子!!

ちっちゃな白い花がついていて、その下にハートの形をしたものが
いっぱいいっぱいついているあの草花です。

よくフリフリして遊んだなぁ~。
「ハートに少し切り込みを入れるともっとイイ音がするんだよ~」
なんて聞いては必死必死!

振るとペンペンと音が鳴るからペンペングサかと思っていたら、
実は "ハート" じゃなくて "三味線のバチ" に似てるから
ペンペングサなんだと祖父が教えてくれたっけ。

しかもあれは果実なんですってー、知らなかった~!!



■シロツメクサ

 そうそう、これ、クローバーですね。
 子どもの頃、これをつなげて編んで、王冠にしたり
 ブレスレットにしたりしました。ママさんたちはもちろん、
 もしかしたらパパさんたちもご経験があるはず~。

 ねっ、懐かしいでしょ?

で、クローバといえばやっぱり "四葉のクローバー"。 シアワセを呼ぶ
お守り。今年もお散歩しながらみんなと見つけてみようと思います。

5月上旬には花が満開に!あたり一面真っ白でとってもきれいです。
建物裏の芝生の広場のところが特にオススメ☆☆☆


ゴールデンウィークに、実家近くの公園で作ってみました。
そう、コレコレ!これがシロツメクサのティアラです♪

もっと大きくしたかったんだけど、
あ~んまり咲いていなくってこれくらいの大きさにしかならなかったの(泣) 
でもさすがはオンナの子。大満足で気分は憧れのアリエルなのでした。
(え~?アリエルはティアラつけてないじゃ~ん!)




ご近所・保育園編

■ツツジ
 これもツツジ。秋葉台公園・たんぽぽ保育園前の
 大通り沿いにはツツジがずら~っと植わっていて、
 この時期、それはそれは美しい!

 その美しさに目を奪われて運転中によそ見しない
 ように気をつけてくださいね


■シバザクラ
 これもカワイイ!
 これだけパ~っと咲くと華やか☆
 
 公園のご近所さんに植えられているものを
 撮らせていただきました。



■ペチュニア・パンジー・マリーゴールド などなど・・・
panji.jpg
pecyunia.jpg

保育園の前の花壇にもこんなふうにお花が植えられていますよ~。
これは、おじいちゃんの趣味でもあります。春らしさを立派に演出!
色とりどりでステキでしょ~♪


■(左)スイセン (右)スズラン


誰もが知るスタンダードな花。
毎年、保育園の花壇に咲いてます。

それにしても、スズランってなんでこんなに可憐なのでしょう?


■クリスマスローズ
 別名は「雪起こし」。
 
 名前からしてクリスマスに咲きそうなのに、
 実は春に咲いたりします。 
 詳しくは「秋」のページで!



■ココにも咲いています♪


ボケとユキヤナギ。結構豪快な咲きっぷり。
赤と白だし、背丈も結構あるので、遠くから見ても目立ちます。

紅白カラーが、ちょっとおめでたい感じ!!


わくわく組が育てました。


ヒヤシンスにクロッカス。 秋に植えて、毎日せっせと水遣り水遣り。

自分たちで育てた花だから、咲いたときの嬉しさったら
たまんないよね~!!



ほらっ、ここにも春があるよ~♪

  「先生にもあげるね。」 
  「ママが帰ってきたらママにプレゼントしてあげる~!!
   ママ喜んでくれるかな~?」
  
  そんなふうに呟く子どもたちの笑顔は
  本当にステキです♪

                     ※「秋」versionは こちら≫

園まわりの自然
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。